2ダイブが100ドルになるキャンペーン!体験ダイビング、ホテルパッケージやカヤンゲルツアーの予約もこちらから
旅行の計画の際に参考にしてください。
ライセンス講習予約ページ
講習のスケジュール
  • 初日 学科講習
  • 2日目 海洋実習
  • 3日目 海洋実習

講習には通常3日間かかります。日本でE-learningをすることで事前に学科講習を済ませることも可能です。その場合パラオでの講習は海洋実習のみとなるため、最短で2日間になります。E-learningについての質問はお問い合わせフォームでご連絡ください。

また繁盛期は講習を受けることができない場合があります。E-learningご希望の方は、必ず事前に海洋実習の予約が可能かどうかお問い合わせフォームよりご連絡ください。  

*ご予約方法(必ずお読み下さい)
  • *心臓の不調、テンカン、ぜん息、糖尿病、高血圧、その他、心肺機能や脳に疾患のある方、 60歳以上の方、もしくは下記のPADI病歴書に該当項目のある方は医師の診断書が必要になります。 必ず自己申告して講習初日にスタッフに診断書を渡してください。
  • 旅行日程が確定してからダイビングの予約をするようにして下さい。
  • ご予約フォームを当社が受信した後、予約確認メールをお客様に送り返した時点で予約完了となります。
  • 3日以内に予約確認メールが届かない場合は、お手数ですが別のメールアドレスから再度申込みをお願いします。
  • キャンセルチャージはツアー前日の5時以降は35ドル。当日ツアー催行後は100パーセントチャージさせて頂きます。
  • ダイビングを終えてから18時間以上経たなければ飛行機に乗ることはできません。減圧症という潜水病になる可能性があるためです。スケジュールを確認してからお申し込みください。
  • 予約内容を変更するまたは取消する時は「申込み区分」で「予約変更」または「予約取消」を指定して、同じ内容で送信して下さい。「予約変更」の場合は変更内容を備考欄にも記入して送信して下さい。
  • セキュリティについてこのご予約ページの中で表示されるデータはラピッド社のSSLサービスにより 128bitで暗号化されております。個人情報が外部に漏れる心配はございませんのでご安心下さい。
PADI病歴書の質問項目
  • 現在妊娠をしている、もしくはその可能性がある
  • 現在処方箋による投薬を受けている(避妊薬、マラリヤ予防薬は除く)
  • 45歳以上の方で、以下の項目が1つ以上あてはまる。
    • パイプ、葉巻、タバコを喫煙している。
    • コレステロール値レベルが高い
    • 家族に心臓発作や脳卒中の病歴がある方がいる
    • 現在診療を受けている
    • 高血圧である
    • 食事療法で調整しているが糖尿病である
  • 喘息((ぜんそく)あるいは呼吸時の喘息(ぜいぜいする)、または運動時に喘鳴が起きる、または起きたことがあった。
  • 花粉症、またはアレルギー症状の激しい発作、あるいは頻繁な発作がある。
  • カゼ、副鼻腔炎、または気管支炎によくかかる。
  • 何らかの肺の病気(肺炎など)がある、またはなったことがある。
  • 気胸がある、またはなったことがある。
  • その他の肺の病気がある、またはなったことがある。もしくは肺(胸部)の手術を受けたことがある。
  • 行動上の問題、または精神的、心理的な問題がある、またはなったことがある(不安発作、閉所恐怖症、広場恐怖症など)。
  • てんかん、発作、けいれんをおこす、またはそれを抑えるための薬を服用している。
  • 複雑型偏頭痛を繰り返し起こす、またはそれを抑えるための薬を服用している。
  • 意識喪失や、気絶したことがある。(完全、または一時的に意識を失う。)
  • 乗り物酔いがよくある。または乗り物酔いが激しくある(船酔いや車酔いなど)。
  • 赤痢または脱水症状で治療が必要である。
  • 何らかのダイビング事故や減圧症である、またはなったことがある。
  • 中等度の運動ができない(例えば、約1.6キロの距離を12分以内で歩くことができない)。
  • 過去5年間に、意識を失う頭部の損傷があった。
  • 腰痛を繰り返し起こす。
  • 腰部または背骨の手術を受けている。
  • 糖尿病である、またはなったことがある。
  • 腰、腕、脚の外科手術、外傷や骨折後の後遺症がある。
  • 高血圧症、または血圧降下剤など、血圧をコントロールする薬を服用している、またはしていた。
  • 心臓疾患にかかっている。またはわずらっていた。
  • 心臓発作がおきる、またはおきたことがある。
  • 狭心症、あるいは心臓外科手術、または動脈手術を受けている。
  • 副鼻腔の手術を受けている。
  • 耳の病気や手術を受けたり、聴覚障害、平衡感覚障害である。
  • 耳の病気を繰り返し起こす、または起こしていた。
  • 出血やその他の血液障害がある、またはあった。
  • ヘルニアにかかっている、またはわずらっていたことがある。
  • 潰瘍、または潰瘍の外科手術を受けている。
  • 大腸や回腸の人工肛門の手術を受けている。
  • 過去5年間に娯楽で麻薬を使用したり、治療のために麻薬を用いた、またはアルコール依存症になったことがある。
ご予約フォーム
 
申込み区分(必須)
参加者全員のお名前(漢字)(必須) *〔例〕石浦 龍二、富永 直之<
参加者全員のお名前(ローマ字)(必須) *〔例〕MR.ISHIURA RYUJI, MR.TOMINAGA NAOYUKI

人数(必須)
電話番号(必須) *もしあればFAX番号も記入して下さい
代表者のE-MAIL(必須)
Gmail,Hotmail以外
*携帯電話のアドレスは文字制限等があり返信が上手く出来ないことがあります。携帯電話以外のアドレスをご記入ください。(i-padは可)
*Gmail、AOLmail、AOLmail、Hotmailは送受信に不具合が多いですので、他のアドレスのご利用をお願いいたします。

代表者のE-MAIL(確認用)
Gmail,Hotmail以外

飛行機会社(必須) JAL ANA ユナイテッド デルタ
アシアナ 大韓航空 中華航空
飛行機の日程(必須) *〔例〕2002/9/27(出国)10/2(帰国)
ホテル(必須)
*その他のホテルの方は備考欄に記入して下さい
ダイビングパーミット(必須)  
*パーミットについての詳細は下記インフォメーション欄をご覧ください
ダイビングの日程(必須) *〔例〕2ボートダイブ 2002/9/28-10/1(4日間)
旅行会社(日本)(必須) *旅行自体を申し込まれた旅行会社の名前
 旅行会社(現地) *現地で空港送迎などを行ってくれる旅行会社の名前
備考 *レンタル器材のサイズ(身長、体重、足のサイズ)、リクエスト、コメント
その他予約の変更などはこちらにご記入下さい。
ブルーマーリン料金表
 
2ボートダイブ
タンク、ウェイト、ランチ、ドリンク込み 120ドル
ペリリューダイブ
タンク、ウェイト、ランチ、ドリンク込み 175ドル
カヤンゲルダイブ
タンク、ウェイト、ランチ、ドリンク込み 210ドル
アディショナル1ダイブ
3ダイブ目 60ドル
1ボートダイブ 90ドル
体験ダイビング
全てのレンタル機材、ランチ、ドリンク込み 130ドル
オープンウォーター講習
現地で全て講習する場合(3日間) 500ドル
e-Learningの場合(現地2日間) 350ドル
e-Learning代が別途必要です
エンリッチドエアダイバー講習
現地で全て講習する場合(2日間) 275ドル
e-Learningの場合(1日間)

50ドル
e-Learning代が別途必要です

レンタル器材
BCD、レギュレータ、ウエットスーツ 1日それぞれ10ドル
マスク、フィン、ブーツ 1日それぞれ5ドル
*上記の他コロール州政府の発行する「ダイビング許可証」が必要になります。
ダイビングパーミットについて

2012年6月1日よりコロール州のロックアイランド許可証及びジェリーフィッシュレイク許可証の料金変更が発表されました。

  • ロックアイランド許可証50ドル
  • ジェリーフィッシュレイク許可証100ドル
  • 有効期限10日間
  • 5歳以下は無料
  • ロックアイランド許可証を携帯せずに、コロール州の海のツアーに出た場合、罰金250ドルが課せられます。

今回の改訂はコロール州の発行するロックアイランドパーミットについての変更なので、フィッシィングパーミットやペリリュー州はじめその他の州の発行するパーミットに関しては変更はありません。今回の改訂はコロール州の発行するロックアイランドパーミットについての変更なので、フィッシィングパーミットやペリリュー州はじめその他の州の発行するパーミットに関しては変更はありません。

お支払い方法

*現金(米ドル)、トラベラーズチェック、カード(VISA、JCB、MASTER)がご利用になれます。日本円はご利用になれません。お支払いはその日のダイビングが終了してからショップにて精算しております。数日間潜られるお客様はダイビングの最終日にショップで精算になります。

ダイビング当日の送迎

*ダイビング当日のホテルまでの送迎は無料で行っております。パラオ到着時にブルーマーリンの申込書がお客様のお手元に届くように手配いたします。その中に集合時間と場所が明記されております。そちらをご確認頂いて当日お待ちになっていて下さい。

ダイビングをする上での健康状態について

*心臓の不調、テンカン、ぜん息、糖尿病、高血圧、その他、心肺機能や脳に疾患のある方、 および60歳以上の方は、ダイビングツアーに参加するにあたり医師の診断書が必要になります。 ダイビングツアーに参加するにあたり医師の診断書が必要になります。 必ず自己申告してダイビング初日にスタッフに診断書を渡してください。

その他質問等があればメールでお問い合わせ下さい。